ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
223日()

ログイン
Myページ
MENU

2段でふんわり

富士山頂に大きな笠雲現れる

2017年2月17日(金)(共同通信)

 雪化粧した富士山山頂をふんわり覆う笠雲=17日、山梨県富士吉田市

 雪化粧した富士山山頂をふんわり覆う笠雲=17日、山梨県富士吉田市

 関東で「春一番」が吹くなど各地で気温が上がった17日、富士山山頂付近に大きな笠雲が現れた。山梨県富士吉田市では午前9時ごろ、2段になった楕円状の厚い雲が雪化粧した富士山にふんわりとかかるのが見え、空の青とのコントラストが鮮やかだった。

 笠雲は太平洋からの湿った暖かい空気が山にぶつかって上昇し、冷やされて発生する。出現すると雨が降るとの言い伝えがあり、市内では昼前から雨がぱらつき始めた。

 気象庁によると、17日午前9時ごろ、太平洋側の麓にある静岡県富士市の気温は13・6度、山頂は氷点下12・2度だった。

未来工学研究所・戦略的技術開発体制推進セミナー

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。