ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
221日()

ログイン
Myページ
MENU

村上海賊を世界へ発信

5ヵ国語対応のウェブサイト開設

2017年2月17日(金)(愛媛新聞)

 

 愛媛県今治市と広島県尾道市にまたがる日本遺産「日本最大の海賊の本拠地・芸予諸島」の魅力を発信するウェブサイト=写真=がこのほど、公開された。村上海賊3家の居城跡や信仰した寺社を紹介しているほか、関連する文書などを掲載。5カ国語に対応している。

 両市や商工、観光、文化財保護の関係者でつくる「村上海賊魅力発信協議会」(会長・山内譲松山大教授)が開設した。

 サイトでは日本遺産を「景観」「秩序」「文化」「暮らし」「信仰」「系譜」の六つのストーリーに分けて紹介。能島村上家の本拠地で国史跡・能島城跡や来島家の居城・来島城跡、大山祇神社の法楽連歌などを地図や画像付きで説明する。

 日本語のほか、海外向けに英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、フランス語に対応している。

読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

未来工学研究所・戦略的技術開発体制推進セミナー

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。