ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
223日()

ログイン
Myページ
MENU

伊方原発、事故想定訓練

四電社員ら260人対応確認

2017年2月17日(金)(愛媛新聞)

緊急時対策所で原発事故発生時の対応を協議する四国電力社員ら=16日午後、伊方町九町

緊急時対策所で原発事故発生時の対応を協議する四国電力社員ら=16日午後、伊方町九町

 四国電力は16日、地震の影響によって運転中の伊方原発3号機(愛媛県伊方町)で放射性物質漏えいの危険度が高まった状況を想定し総合訓練を実施した。四電や関連会社の約260人が、電源確保や緊急時対策所運営の手順を確認した。

 総合訓練は、社内で年1回以上の実施を定めており、事前に状況を周知しないブラインド方式を採用した。震度6弱の揺れで、外部電源喪失や3号機原子炉の自動停止が起こり、余震で非常用ディーゼル発電機も機能不能となり全交流電源を失った状況などを想定した。地震発生を夕方に設定し、夜間作業の対応手順も確かめた。

この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

未来工学研究所・戦略的技術開発体制推進セミナー

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。