愛媛新聞ONLINE

2021
82日()

新聞購読
新規登録
メニュー

春の全国高校選抜大会

えひめ勢戦力チェック<3>

2017年3月14日(火)(愛媛新聞)

チームワーク全国大会に向けて練習に励むボート部員。時折見せる笑顔はチームの雰囲気の良さを物語っている=7日、玉川湖

チームワーク全国大会に向けて練習に励むボート部員。時折見せる笑顔はチームの雰囲気の良さを物語っている=7日、玉川湖

<ボート>

 

かじ付き4人スカル

 

[2年生3人けん引役]

 

 【今治西男子】四国予選を制し全国でも決勝進出を狙う。元漕手でメンバーの特徴を知るコックス青野、粘りのあるこぎが身上の長井、持久力のある宇高の2年生3人が、1年の越智と菅を引っ張る。

 

[冷静さで弱点カバー]

 

 【宇和島東男子】決勝進出を目指す。稲田は艇の速度のコントロール、武川はエンジン役を務め、ギアチェンジは高魚が担う。冷静な中里が弱点をカバー、コックス松本がクルーを盛り上げる。

 

[全国2位選手が中心]

 

 【今治西女子】昨年の全日本新人選手権2位メンバーの市来、白石、和田を中心に、身体能力の高い渡部、パワーとガッツのある1年の山崎を加えた布陣で臨む。8位入賞を目指す。

 

[ベスト8以上が目標]

 

 【松山東女子】ベスト8以上が目標。持久力がある主将苅田、パワフルな相原ら2年生がけん引。藤谷は艇上でのバランス感覚に優れ効率よく進める。佐伯は荒削りだが元気が良い。

 

 

 

ダブルスカル

 

[国体選手ら上位視野]

 

 【今治南男子】昨年岩手国体かじ付き4人スカルの優勝メンバー阿部に、体力と協調性がある衣笠、リズムよく長い手足でストロークする渡部が競い合って力を付けてきた。上位を狙う。

 

[強化選手 表彰台狙う]

 

 【今治西男子】昨夏のインターハイかじ付き4人スカル準優勝メンバーの木村と、しなやかなこぎが持ち味の藤本は、ともに全国の強化指定選手。パワーのある野間も控え、3位以内を狙う。

 

[2年生を軸に決勝へ]

 

 【宇和島東女子】2年生が中心。スタートからトップスピードに乗り決勝進出を目指す。梶原は昨年の国体メンバーで、谷口はバランス感覚、持久力、筋力に秀でている。

 

[リズムとパワー連係]

 

 【今治北女子】同じ艇でこいだ経験が豊富な田窪、越智が中心。全国でも田窪のリズムに越智のパワーをかみ合わせ、持ち味のコンビネーションを発揮したい。

 

[成長続く1年生ペア]

 

 【今治南女子】1年生ペアだが、レースごとに成長している。西は全国でも上位に入る馬力がある。大松も昨年夏から力を付けており、レース後半に踏ん張れば8位入賞も期待できる。

 

 

 

シングルスカル

 

[2選手 決勝見据える]

 

 【男子】2選手がそれぞれ決勝進出を見据える。パワーを付けた内山(今治北)は伸びのあるこぎで後半に勝負をかける。河野(松山東)は手足の長さを生かした大きなストロークで効率よく艇を進める。

 

[船田(宇和島東)実力十分]

 

 【女子】初の全国大会に挑む船田(宇和島東)が決勝進出を目指す。冬場に水上トレーニングを重ねて実力は十分。

 

    残り:461文字/全文:1499文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。