ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
623日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

東温・愛媛大病院

エボラ熱想定60人対応訓練

2017年3月25日(土)(愛媛新聞)

訓練でエボラ出血熱の疑いがある患者を感染症車両に乗せる参加者=24日午後、東温市志津川

訓練でエボラ出血熱の疑いがある患者を感染症車両に乗せる参加者=24日午後、東温市志津川

 エボラ出血熱など感染力や重篤度などが極めて高い1類感染症患者の発生を想定した対応訓練が24日、東温市志津川の愛媛大医学部附属病院であった。2月に開所した県内初の第1種感染症病床施設を活用し、患者の移送や検体採取などの手順を確認した。

 訓練はエボラ出血熱流行地域からの帰国者が検疫所の健康監視対象になった後、発熱したと想定。県や県警などの約60人が参加した。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。