ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1211日()

ログイン
Myページ
MENU

[E4巻頭特集]愛媛県内の市町単位

地域密着の防災アプリ、スマホで瞬時に情報取得

2017年9月1日(金)(愛媛新聞E4編集係)

アプリ「愛媛県防災ガイド」の避難所マップ

アプリ「愛媛県防災ガイド」の避難所マップ

アプリ「愛媛県防災ガイド」の避難所マップ

アプリ「愛媛県防災ガイド」の避難所マップ

 

 9月1日は、防災の日。近年、地震、台風、洪水などの自然災害による被害が頻発している。発災状況や、警報などの気象情報、避難所や避難経路などの「情報」は生命を守るための重要な「命綱」となる。いつでも、どこでも情報を得ることができるスマートフォンなどの携帯端末へ災害情報を発信するアプリが次々と登場する中、ローカルに特化したきめ細やかな情報発信をする取り組みが県内でも始まっている。

 

プライサーの河野雄介専務

プライサーの河野雄介専務

プライサーの河野雄介専務

プライサーの河野雄介専務

 

 「いつも身に着けているスマホから、場所や時間に関係なく気軽にアクセスできるのがスマホ向けアプリの最大のメリット」。県内20市町ごとの防災情報を提供するアプリ「愛媛県防災ガイド」を2017年春から、無料配信し始めたプライサー(松山市)の河野雄介専務が利点を挙げる。

 東日本大震災発生直後に被災地を訪れ、現地の生の声を聞いた自身の経験から「公共性の高いアプリを作り、県民の減災意識向上につなげたいと実感した」と河野専務は振り返る。

 同アプリでは、利用者の位置情報を基に、最寄りの「避難所」「緊急避難場所」「AED設置場所」の位置や経路を確認できるほか、気象情報の提供、安否確認(外部サイトに接続)や土砂災害などの危険箇所に関するハザードマップ機能が付いている。

 

 2015年、宇和島市からの委託で、観光や防災情報を閲覧できる「伊達なうわじま安心ナビ」を開発したのがきっかけだった。その後、身近な防災情報を県内の自治体単位で提供するアプリの開発に着手。同社が最も重要視したのが情報の正確性。生命に関わるため、掲載情報は市や県、国土地理院などの公共のデータを基にした。自治体などからは快く情報の提供を受けられたが、デジタルデータがなく地図のみの自治体は、手作業で一つ一つデータに落とし込む地道な作業が続いたという。

 河野専務は「県内でも地域や個人で災害に対する意識の差が大きい。日ごろから家族で避難経路を話したり、歩いてみたりするなどちょっとした意識付けが大切。アプリをそのきっかけにしてほしい」と話す。

 今後は、災害で通信が途絶えても利用できるオフライン機能を、年度内を目標に実装するほか、災害の専門家と連携して掲載する防災コラムを充実させるなどし、より活用しやすいアプリにしたいとしている。

 

 2004年、県内では相次ぐ台風と大雨、土砂災害で甚大な被害が発生。西条市と新居浜市でも「大雨の音で避難勧告の情報が市民に伝わらない」「夜間の避難時に被害に遭い、命を失った」などの状況に陥った。その教訓から防災情報をいかに市民に伝達するかに取り組み、独自の防災アプリを無料提供している。

 

アプリ「防災情報 さいじょう」

アプリ「防災情報 さいじょう」

アプリ「防災情報 さいじょう」

アプリ「防災情報 さいじょう」

 

 西条市は、「防災情報 さいじょう」を2016年5月にリリース。黒瀬ダムの放流情報や河川水位などを確認できるほか、緊急避難場所と避難所までの経路をナビで案内する機能がある。同市危機管理課の担当者は「学校の先生や自主防災組織からも、河川の状況が確認できて重宝しているという声がある。市民には警報が出た場合など、降水量や河川監視カメラの映像を確認して、避難の一助にしてもらいたい」と話す。

 新居浜市は、「新居浜いんふぉ」を2013年9月にリリースした。西条市同様の防災機能に加え、防犯や交通情報などの生活情報も配信。秘書広報課の担当者は「防災情報だけでなく観光案内などの情報も取得できるので、親しみを持って多くの方に利用してもらいたい」と災害時だけでなく、日常的な活用を呼び掛けている。

 

アプリ「新居浜いんふぉ」

アプリ「新居浜いんふぉ」

アプリ「新居浜いんふぉ」

アプリ「新居浜いんふぉ」

 

 この両市のアプリを開発したケーブルテレビのハートネットワーク(新居浜市)は、データ放送で行政情報を収集し発信していた技術を使い、携帯性の優れたアプリを市側に提案。広く市民に情報を伝えたい市側の考えと一致したという。同社は市民が興味を持てる秋祭りなどの映像コンテンツと合わせて情報発信することで、「若い利用者を増やしたい」と考えている。

 

 スマホの普及率が上昇し、身近になったアプリ。その利点を活かすには、「忘れたころにやってくる」災害時だけでなく、日常的に活用される工夫が重要といえる。

おすすめ記事

<企業広報>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。