ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
816日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

週刊!えひめ国体・障スポ大会

競技の見方<体操>

2017年9月7日(木)(愛媛新聞)

 

【難易度や美しさを競う】

 技の難易度や美しさ、雄大さなどを競う体操競技。宙を舞うアクロバティックな技や繊細なバランス感覚などが求められる。

 男子は、床、あん馬、つり輪、跳馬、平行棒、鉄棒の6種目。女子は、跳馬、段違い平行棒、平均台、床の4種目。各種目の技は、AからIまで難度が設定されており、選手は8~10個の技で演技を構成し、Dスコア(演技価値点)とEスコア(実施点)の合計が種目の点数となる。

 国体では、成年男女と少年男女で団体戦のみ。都道府県ごとの選抜5人が演技し、上位4人の得点の合計で順位を競う。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。