ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
720日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

アジア選手権1次リーグ初戦

神谷(愛媛FC)自覚十分 U―23代表主将

2018年1月12日(金)(共同通信)

U―23アジア選手権のパレスチナ戦でプレーする神谷=江陰(共同)

U―23アジア選手権のパレスチナ戦でプレーする神谷=江陰(共同)

 【江陰(中国)共同】サッカーのU―23(23歳以下)アジア選手権でパレスチナとの1次リーグ初戦に1―0で勝ったU―21日本代表は一夜明けた11日、先発メンバーらがランニングなどで体をほぐした。

 今大会で主将を任された守備的MFの神谷(愛媛FC)は「難しい初戦に勝てたのは良かった」と振り返った。守備では相手に厳しく寄せ、前線への配球役を担ったが、時間の経過とともに急所を突くパスが減り「もっとゴールを取るには、縦に入れていかないといけない」と修正点を挙げた。

 昨年のU―20W杯はメンバーから落選し、今も悔しさをかみしめている。森保監督のチームでは練習で先頭に立ってチームを引っ張る姿勢を評価され、キャプテンマークを巻いた。「チームをまとめる力はあると思っていた」と強気に言う一方「浮かれていては駄目。いつ落とされるか分からない。いつもそれを心に持ちながらやっている」と口元を引き締める。

 青森山田高から湘南入りし、今季はJ2愛媛に期限付き移籍。成人の日を中国で迎えた20歳のホープは成人式に参加できなかったが「俺たちは日の丸を背負って戦っている」と、自覚は十分だ。

 

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。