ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
622日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

「海のポケモン」

ナメダンゴ、松野「おさかな館」に登場

2018年2月21日(水)(愛媛新聞)

愛らしい姿を見せるナメダンゴ

愛らしい姿を見せるナメダンゴ

 愛媛県松野町延野々の「虹の森公園おさかな館」で今月上旬から寒冷地に生息するナメダンゴ12匹が仲間入りした。「海のポケモン」ともいわれる愛くるしい姿を見せている。

 ナメダンゴはカサゴ目ダンゴウオ科の魚で体長は2~3センチ、色はオレンジや薄いピンク。丸っこい体つきが特徴で、水温の低い海に生息している。愛媛では見る機会が少ないため、かねて館と交流があり積極的に育成している「アクアマリンふくしま」(福島県いわき市)から1月下旬に贈られた。

 ナメダンゴはひれを動かしながら岩の上にいたり、水温を約7度以下に保つため水槽内に設置されたクーラーに寄り添ったり。のんびりした姿が楽しめる。

 同館の恩田勝也副館長は「お客さんの反応も上々。かわいらしい姿を楽しんでほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同館=電話0895(20)5006。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。