ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
521日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県職員発言概要も

県、柳瀬氏の名刺公開 15年4月、官邸で面会時交換

2018年5月11日(金)(愛媛新聞)

県が公表した柳瀬唯夫氏の名刺と面会時の県職員の発言概要

県が公表した柳瀬唯夫氏の名刺と面会時の県職員の発言概要

定例会見する中村時広知事=11日午前、県庁

定例会見する中村時広知事=11日午前、県庁

県が公表した柳瀬唯夫氏の名刺と面会時の県職員の発言概要

県が公表した柳瀬唯夫氏の名刺と面会時の県職員の発言概要

定例会見する中村時広知事=11日午前、県庁

定例会見する中村時広知事=11日午前、県庁

 学校法人加計学園の獣医学部新設を巡り、愛媛県は11日、2015年4月2日に県職員が首相官邸で柳瀬唯夫元首相秘書官と面会した際に受け取った名刺を公開した。10日に柳瀬氏は国会で、県職員との面会を明確には認めなかったが、中村時広知事は定例会見で「県職員が会ったか会わないかでなぜこんなにこじれるのか。終止符を打ちたい」と公開理由を説明した。県職員が約3年前の記憶を呼び起こし書いた、面会時の県職員の発言概要も公表した。

 

 国会に参考人招致された柳瀬氏は面会の際に主に発言していたのは加計学園関係者で「(県や市の職員は)10人近くの随行者の中にいたのかもしれない。会った記憶はない」と答弁していた。

 

 会見前に県職員に話を聞いたという中村知事は、面会の際はメインテーブルに県や市の職員、加計学園関係者の計6人がいたと説明。県職員は、獣医学部誘致に向けた県の熱意を伝えるため、取り組み状況や今後の対応などを柳瀬氏に伝えたとした。

    関連ニュース

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。