ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

本紙創作童話キャラ

「デブ猫」各地走行へ ラッピングカー披露

2018年6月19日(火)(愛媛新聞)

創作童話「かなしきデブ猫ちゃん」のラッピングカーを運転する早見和真さん

創作童話「かなしきデブ猫ちゃん」のラッピングカーを運転する早見和真さん

 愛媛新聞で連載中の創作童話「かなしきデブ猫ちゃん」のキャラクターをあしらったラッピングカーが18日、松山市大手町1丁目の愛媛新聞社で披露された。

 かなしきデブ猫ちゃんは、道後で暮らしていた猫「マル」が家を飛び出し、県内各地を旅する冒険物語。同市在住の作家早見和真さん(40)が文を、今治市出身の絵本作家かのうかりんさん(34)が絵を手掛け、4月から毎週土曜日に掲載している。

 

 ラッピングカーは、これまでに発行した新聞紙面などで車全体を包むデザイン。マルの絵を随所にちりばめ、さらに「マル家出」の見出しが付いた架空の特別紙面を組み込む遊び心も加えられている。

 本社前で式典があり、早見さんが「県民なら全員知っている物語にしたいと本気で思っている。可能な限り頑張っていく」とあいさつ。同社の土居英雄社長やまつやま大手町保育所の園児らと車に掛けられた白いベールを外し、お披露目を祝った。

 

 かなしきデブ猫ちゃんのラッピングカーは今後、社用車として使われ、物語の中でマルが愛媛を旅するのと同じように各地を走る。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。