ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1114日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第7日

【上浮穴 1-4 今治北大三島】今治北大三島が快勝、上浮穴反撃1点どまり

2018年7月19日(木)(愛媛新聞)

【上浮穴―今治北大三島】7回裏今治北大三島2死満塁、和田が中越えに走者一掃の三塁打を放ち、4―1と勝ち越す=西条ひうち球場

【上浮穴―今治北大三島】7回裏今治北大三島2死満塁、和田が中越えに走者一掃の三塁打を放ち、4―1と勝ち越す=西条ひうち球場

<西条ひうち球場 2回戦(8時57分)>

 【評】今治北大三島が終盤の得点機を逃さず勝ち切った。1―1の七回、藤原修の安打と二つの死球で2死満塁とし、和田の中越え三塁打で3得点。金子尚は低めのスライダーを効果的に使い、11奪三振で完投した。

 上浮穴は四回の満塁機など再三得点圏に走者を送ったが、七回に中田の三塁打で返した1点にとどまった。

◆2勝目うれしい◆

 【今治北大三島・和田右翼手】(勝ち越しの三塁打)「走者を出しても点が入らない場面が続き、この満塁で得点しないと後がきつくなると思い打席に立った。分校化して初の1勝で満足せず2勝目ができてうれしい」

 

◆次戦やりたかった◆ 

 【上浮穴・池田悠主将】(七回に同点に追いつくも敗退)「途中で具合が悪くなり交代した選手がいた。絶対に勝って、もう一度全員で野球をやりたかった。悔しい。自分たちのバッティングをさせてもらえなかった」

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。