ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1022日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第8日

【新居浜商 5-4 伊予農】新居浜商が接戦制す 伊予農、粘りあと一歩

2018年7月20日(金)(愛媛新聞)

【伊予農―新居浜商】9回表新居浜商1死二、三塁、日野の左犠飛で三走・江口が生還し5―4と勝ち越す=坊っちゃんスタジアム

【伊予農―新居浜商】9回表新居浜商1死二、三塁、日野の左犠飛で三走・江口が生還し5―4と勝ち越す=坊っちゃんスタジアム

<坊っちゃんスタジアム 2回戦(9時58分)>

 【評】終盤までもつれたシーソーゲームを新居浜商が制した。2点を追う七回、柴田、日野の連続タイムリーで逆転。4―4の九回は、日野の左犠飛で勝ち越した。先発江口は6奪三振で完投した。

 伊予農は0―1の六回、武智、木本の連続適時打で3点を挙げた。七回も辻川のスクイズで追い付いたが、一歩及ばなかった。

 

◆やれることやった◆

 【伊予農・木本中堅手】(六回に逆転の2点二塁打)「ピッチャーの武智がしんどい中でも頑張ってくれていたので、助けたいという一心で打席に立った。自分がやれることはやりきったので、悔しいけど気持ちはいい」

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。