愛媛新聞ONLINE

2021
36日()

新聞購読
新規登録
メニュー

2分でわかる 雪次郎先生のバスケ講座

それってどんな時?(8)〇秒ルール編

2018年10月16日(火)(愛媛新聞ONLINE)

 

 今回は反則編。秒数に絡んだルールを紹介したいと思います。

 

 まず、3秒ルールがあります。攻めている方向のゴール下の枠をペイントエリアというのですが、オフェンスの選手はエリア内に3秒間とどまることができません。3秒経ちそうだったら一回外に出ないと、3秒ルールで反則となってしまい、相手ボールとなってしまいます。

 

 次は8秒ルールです。相手にシュートを決められた場合、ボールを自分のコートまで運んでいかなければならないのですが、運んでいく方向がフロントコート、後ろ側をバックコートと呼びます。バックコートから、8秒間にフロントコートにボールを運ばないといけません。運べなかったときは反則、バイオレーションとなって、相手チームのボールとなってしまいます。

 

 次に24秒ルールです。これが一番、ゲーム中に起こりうる反則だと思います。

 

 ボールをコントロールしているチームは24秒以内にシュートを打たなければなりません。24秒以内にシュートを打てなかったり、シュートを打ったがリングまで届かなかった場合は、反則となって相手チームのボールトなってしまいます。

 

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。