ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
710日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

しげのぶ特別支援学校

陸上大会での記録更新に闘志

2019年5月9日(木)(愛媛新聞ONLINE)

 

 しげのぶ特別支援学校(東温市)の高校生記者2人が5月9日、26日に県総合運動公園(松山市上野町)で開かれる県障がい者スポーツ大会の陸上競技に出場する2人の選手を取材し、大会への意気込みなどを聞きました。

 出場するのは、3年白石祥瑚さんと2年松井望央さんの2人で、種目は白石さんが電動車いすスラローム、松井さんが100メートル走です。松井さんは3年連続、白石さんは昨年に続いて2回目となり、闘志を燃やしています。

 高校生記者は、2人から競技の概要の説明を受けたうえで、練習メニューや練習で意識すること、競技を始めたきっかけ、大会での目標などを質問。2人は「昨年の記録を上回りたい」「自己の大会記録を更新したい」などと意気込みを語りました。

 車いす電動スラロームは、30mの直線上に設置された旗門を指定された方法で通過してタイムを競います。放課後に白石さんは屋内で、松井さんは校外の道路で練習しており、同日は白石さんの練習風景を取材し、2人の姿をカメラに納めました。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。