ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
712日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山中央高

写真部 地域に根ざして活動

2019年5月12日(日)(愛媛新聞ONLINE)

 

 

 

 

 松山市井門町の重信川河川敷で「重信川総合水防演習」が行われた5月12日、会場に松山中央高校写真部の「重信川写真展」のブースが設けられました。重信川の上流から下流まで春夏秋冬の写真計32枚が展示され、来場者の目を楽しませました。展示写真は現在の3年生が中心となって撮影しました。水防演習での記録撮影を終えた後、1、2年生の部員が高校生記者となって撮影の思い出や活動への思いなどをインタビュー。セールスポイントなども再確認して記事作成に役立てるとともに、創作活動にもあらためて意欲をかりたてました。

 取材は8人が担当。重信川をテーマにした理由や展示活動などを顧問や3年生部員3人に次々聞きました。

 重信川は同校の伝統行事「セントラルマラソン」のコースになるなどなじみ深いことから2017年秋に活動を開始。1年ほどかけて春夏秋冬の作品を仕上げました。半日がかりで撮影したこともあったそうです。

 写真部は地域活動をモットーにしており、これまで松山市、東温市の庁舎など5個所の公共施設で作品展を開催してきました。

 下級生の取材に対し、3年生は「明るく自由にを基本に積極的に活動してほしい」とエール。1年生の男子部員は「重信川写真展のような作品が撮れるよう頑張りたい」と意気込みを示していました。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。