ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
77日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

小松高校

地域の音を写真で発信

2019年6月16日(日)(愛媛新聞ONLINE)

 

 民家や町並みへの思いを写真や文章、プレゼンテーションで競う第17回「民家の甲子園」が16日、松山市の愛媛新聞社であり、小松高校(西条市)の高校生記者3人が出場しました。地域のさまざまな音の響きを写真に収め、その思いを自分たちの言葉で伝えました。この体験を後日、記事にして新聞で紹介します。

 民家の甲子園の今回のテーマは「響」です。同校総合体育文化部の高校生記者4人でチームを組み、挑戦しました。曾祖父の家にある古い柱時計や水中の魚のすみかなど1人が1~2枚の写真を撮り、そこから響いてくる音について細やかな文章でつづりました。

 当日は1人があいにく体調不良で出場できなくなり、急きょ3人でのプレゼンテーションというアクシデントもありましたが、そこはチームワークよくカバーしあい、見事に発表をやりとげました。審査員からは「懐かしさを感じる」「非常に感動した」「スマホなども使い、自分たちのできることをやっている」との感想が聞かれました。

 3人は終了後、「楽しかった」と口をそろえ、達成感に浸っていました。

 

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。