ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
79日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新聞づくり体験学習講座

久米小(松山市)5年「新聞を読もう」

2019年6月24日(月)(その他)

 

 

 

 

   松山市の久米小学校で6月24日、5年生4クラス計137人を対象にした「新聞出前講座」を実施しました。講座は4クラスに分かれ、各45分コースで実施。児童は紙面構成の説明や複数の新聞の読み比べなどを通して新聞の基本を学びました。

 講座は国語の教科書(教育出版)の単元「新聞を読もう」の一環として実施しました。児童は4年生当時、1人1枚(A3)の「社会見学新聞」を制作しており、各クラス90分コースの講座を受けており、今回はおさらいを含めて行いました。

 愛媛新聞の1面を教材に紙面の構成説明からスタート。紙面は見出し、写真・図、記事の3点セットで構成されているほか、記事の重要度に応じて配置する位置などを解説しました。クイズ方式で進めた「アタマ」「カタ」「ヘソ」の専門用語をメモするなどして再度理解を深めました。

 愛媛新聞と全国紙の読み比べでは、昨年7月の西日本豪雨での被害状況などを伝える各紙を比較。制限時間を設定し、見出しなど各紙の違いなどを児童がメモしました。また、その理由なども書き出しました。児童は「愛媛」の主見出しは「県内豪雨」となっているが、他紙は「西日本豪雨」となっていることや被害者の人数の違いなども発表。講師は「愛媛新聞は地方紙なので、地元のことを優先して『県内』の情報を強調している。全国紙は被害が各県にまたがるため広く『西日本豪雨』と表現している。被害者数の違いは各社の締め切り時間が異なるからだ」などと説明しました。

 

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。