ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
77日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

弓削高

高校生記者 英国人音楽家にインタビュー

2019年8月27日(火)(愛媛新聞ONLINE)

 

 

 

 世界的キーボード奏者で、弓削島で暮らすデイヴ・シンクレアさん(71)は11月9日に行われる県民総合フェスティバルのオープニングで済美高校の合唱部などとコラボして演奏します。曲は弓削島など瀬戸内をイメージした「アイランド・オブ・ドリームス」。弓削高校の高校生記者が8月27日、曲への思いやステージに向けた抱負などをインタビューしました。

 取材は文化活動部の2年生男女2人が担当。事前に質問項目を確認し、インタビューに臨みました。内容は①曲の特徴や曲への思い②ステージに向けての抱負③観客に伝えたいこと④共演する高校生に期待すること⑤弓削島の印象や気に入っているとこと―などです。高校生記者の質問にシンクレアさんは「夢を追い続けることが大切で、いつか夢にたどり着ける。そんなメッセージを込めている」「弓削島など周辺は自然、海、人の温かさなど都会にないのが良く、シンプルがベスト。美しい日本の未来がここにはある」などと答えていました。

 インタビューを担当した男子部員は英語で質問し、確認も英語で問いかけるなどし、愛媛新聞社の講師を驚かせました。カメラを担当した女子部員は講師のアドバイスを受け、ポジショニングを変えながらシャッターを押しました。

 インタビューの内容は10月初旬の特集面に掲載予定です。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。