ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
711日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新聞づくり体験学習講座

小論文の書き方学ぶ 松山中央高校3年生 

2019年9月19日(木)(愛媛新聞ONLINE)

 

 

 

 松山中央高校で9月12、19日の2日間、3年生約360人を対象にした新聞講座「小論文の書き方」を行いました。大学入試で直面する「小論文」に対処するため、新聞記事をテキストに、小論文に盛り込むコンテンツの整理、文章のまとめ方などを体験してもらいました。

 講座は学年を3分割し、3クラス約120人を1グループとして実施しました。グループはさらに4~6人の単位で班分け、班ごとに意見を集約して講義を進めました。

 生徒にはあらかじめ「多くの地方都市が抱える、少子高齢化から発する問題、その解消に向けたまちづくり」という課題が与えられています。講座では「地方都市」「少子高齢化」「まちづくり」のキーワードを手がかりに課題にアプローチ、続いて関連する新聞記事をテキストに使って、自分の意見や提言を書き出す作業に取り組みました。

 生徒は各自の意見を付箋紙に記入、班内で発表しあって、共有できる考えにまとめます。その内容を何人かの班長が発表、生徒には他班の意見にも耳を傾けてもらいました。

 1週間の間を置いて2回目の講座がありました。2回目は新聞の評論記事をテキストに小論文の構成を学習しました。序論、本論、結論という形の回答にまとめるために、生徒自身の考えを整理し、再構成する作業を行いました。出来上がったものは発表し合い、学びあいました。

 なじみのない講座であったせいか、戸惑いの表情を浮かべる生徒もいましたが、講師からは「日ごろから新聞やテレビのニュースに触れて、時事問題に興味を持とう。小論文の作成も訓練。考え方をまとめる練習をふだんから心掛けよう」とアドバイスがありました。

 

 

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。