ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1023日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新聞づくり体験学習講座

南第二中(松山市)1年 「地域調べ新聞」をつくろう

2019年9月24日(火)(愛媛新聞ONLINE)

 

 

 

 

  松山市の南第二中学校で9月24日、「地域調べ新聞」づくり体験講座を開き、1年生7クラス227人が新聞づくりのノウハウを学びました。1年生は地域学習のため、27日に校区内の史跡や寺社、公園、公共施設などをグループで巡り、見たり、聞いたり、調べたりした内容を各自がA3サイズの新聞にまとめます。

 3クラスと4クラスとに分かれ、1コマ45分の2コマずつ1、2時間目と3、4時間目に実施しました。

 新聞を毎日、あるいは時々は読んでいる人との質問に、3、4時間目のクラスではほとんどの生徒の手が上がりました。4コマまんがや天気予報、運勢、テレビ欄などを見ていました。

 まず、見出しと記事と写真との3点セットで新聞が出来ていることを理解し、自分がつくる新聞をイメージしました。そのうえで、調べたことをどう記事にまとめるかの説明に耳を傾けました。記事の最初の段落のリード(前文)に最も大事な5W1Hの要素を盛り込むことを教わり、身近な新聞記事でそれがどのように入っているかを確認しました。

 この5W1Hの要素を入れて自分の新聞のリードづくりに挑戦。具体的にどこを訪問して何をするのかなどを書き出し、文章にまとめました。リードに続く記事では、項目ごとに段落を分け、伝えたい事柄から書いていく逆三角形の文章スタイルや、事実だけをつづる客観的文章の記事と、自分の心の内のことを表現する主観的文章のあとがきとを書き分けることを頭に入れました。

 見出しづくりにも取り組み、サンプル記事をもとに付け方を練習。「何が、どうだ」など、記事の内容が分かるキーワードをいくつか抜き出し、その言葉を組み合わせて8~10文字の見出しをつくってみました。文字数を少なくするために、順番を入れ替えたり、言い換えたりといろいろ工夫しました。最も伝えたいことを見出しにとるというポイントを理解していました。

 

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。