ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
74日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

トレーニング方法

のんびり座りっ放し体操⑨体幹の後ろの筋肉

2019年10月22日(火)(愛媛新聞)

 のんびりと座った状態で、足・腹・胸・背中・腕のストレッチと筋肉を少しずつ強くしていく体操です。

 ベッドや椅子、床に座ったまま、ゆっくり、のんびり、体をほぐして鍛えていきましょう。

 

▼今回のリラックス・鍛えるところ

体幹の後ろの筋肉

 私たちが真っすぐに立って生活できるのは、背中の筋肉が休むことなく収縮して、働いているからです。正しい姿勢を取ることは、外見を美しく維持するだけでなく、ケガの予防にも重要です。また、加齢によって背中の筋肉が弱り、背中が曲がってきたり、転倒しやすくなります。

 毎日働いている背中の筋肉を時々ストレッチして、リフレッシュし、若々しいきれいな姿勢を作りましょう。

 

※全ての体操は5回ほど、ゆっくりと息を吐きながら行い、その後はリラックスして呼吸をしましょう

 

<1>背中丸め体操

 

 

 

1.椅子に座って両手を膝の上に置き、背中を丸める。肩甲骨を左右に離すようにストレッチする。

※もっと強くストレッチしたい場合は、両手をふくらはぎ、あるいは足首に触れるくらい伸ばして背中を丸める。

 

<2>腕伸ばし背中丸め体操

 

 

 

1.椅子に座って指を組み、手の平を自分の方に向ける。

2.背中を丸めて、肩甲骨を左右に離すようにして、両手を前方に伸ばしていく。

3.背中がストレッチされていることを感じる。

 

<3>体幹ねじり体操

 

 

 

1.椅子に座って、前かがみになり、体幹をひねりながら、右手を左足首に近づけて伸ばしていく。

2.左腰から右肩甲骨にかけてストレッチされていることを感じる。

3.左右交互に行う。

 

監修:浅井英典・愛媛大学社会共創学部教授(健康スポーツ科学)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。