愛媛新聞ONLINE

2021
56日()

新聞購読
新規登録
メニュー

2校定員割れ続く

県立3中教校 20年度 志願者598人、倍率1.36倍

2019年12月20日(金)(愛媛新聞)

 県教育委員会は19日、県立中等教育学校3校の2020年度入学志願者数を発表した。2校の入学定員を計40人減らし全体で定員計440人となった中、志願者数は598人と前年度より45人減少。倍率は1・36倍と0・02ポイント上昇した。

 

 入学定員は近年定員割れが続く今治東と宇和島南で20人ずつ減らし各140人、松山西は160人のまま。志願者数と倍率は、今治東110人(0・79倍)▽松山西362人(2・26倍)▽宇和島南126人(0・90倍)。今治東は5年、宇和島南は3年連続で定員を下回った。

 

 作文や適性検査、面接は20年1月9日に実施し、同16日に合格発表する。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。