愛媛新聞ONLINE

2021
81日()

新聞購読
新規登録
メニュー

熱走 58th 愛媛マラソン

注目ランナー紹介<3>合田睦美さん(42)=松山ランナーズ

2020年2月4日(火)(愛媛新聞)

初めての親子出場に向け、調整を続ける合田睦美さん=1月21日、松山市堀之内

初めての親子出場に向け、調整を続ける合田睦美さん=1月21日、松山市堀之内

【初の親子出場へ気合】

 

 2010年の初出場時、4時間57分21秒で女子252位だった。当時は32歳。そこから脅威的にタイムを縮め、7年後には2時間55分52秒で6位入賞。10度目の出場となった昨年も2時間台で6位となり、トップクラスの市民ランナーとして実力を示した。

 

 幼い頃からピアノやトランペットに親しむ「文化系」。健康のために通っていたスポーツジムで、愛媛マラソンに出場する人たちの会話が耳に入った。コースが新しくなるらしい―。それならば、と軽い気持ちでエントリーしたことが、マラソンへのスタートラインだった。後に気付いたことだが、吹奏楽で鍛えた肺活量と負けず嫌いな性格が、成長の土台になった。

 

 多くのランナーとは異なり、「上り坂が好き」だと言い、時計を着けずに走るのに終始ペースを変えずに走りきる。我流の練習の継続が個性を生み、一番の強みになってきた。

 

 毎年目標を上方修正しながら伊予路に挑んできたが、今年は別の思いを抱いている。ずっと沿道で応援していた父の司さん(66)が退職を機に走り始め、今回初出場することが決まった。タイムを求めてきたこれまでの大会とは、違うものになりそうだと合田さんは言う。「故障もあって調子は悪い。でも初めて父と一緒にフルマラソンを走るから、どうしても走りきりたい」

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。