ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
78日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

宇和島

児童養護施設の寮生が戸島産ブリ堪能

2020年3月6日(金)(愛媛新聞)

ぶりしゃぶを楽しむみどり寮生

ぶりしゃぶを楽しむみどり寮生

 県産食材の良さを知ってもらおうと、宇和島市の飲食店がこのほど、児童養護施設「みどり寮」(同市住吉町1丁目)の寮生を招き、地元産の養殖ブリを使った料理を振る舞った。

 市内外の飲食業関係者らでつくる「愛媛を食べる会」が2月26日、食育を目的に初めて実施。同会代表で「ASAHI食堂」(同市丸之内5丁目)オーナーの木村慎さん(49)が店舗を会場として提供し、会員が戸島産の養殖ブリ3匹を無償で用意した。

 みどり寮の中高生15人はぶり大根やぶりしゃぶ、ぶりカツなどのフルコースを満喫。脂の乗ったブリをサッと湯にくぐらせ、野菜を巻いて口に入れると「ほっぺが落ちる!」と絶賛していた。締めにぶり雑炊を食べ、地元自慢の魚を思う存分楽しんだ。

 高校3年生の男子生徒(18)は「どの料理もおいしくて最高だった」と笑顔で語り、木村さんは「子どもたちの食べっぷりがよく、やってよかった。大人になっても愛媛の食材に触れてもらいたい」と話した。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。