ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
49日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

生活困難世帯に

新型コロナ 県社協、特例貸し付け きょう25日から

2020年3月25日(水)(愛媛新聞)

 県社会福祉協議会は25日から、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業や失業で収入が減少し生活の維持が困難な世帯に対し、生活福祉基金「緊急小口資金・総合支援資金」の特例貸し付け(無利子)を県内の全市町の社協で実施する。受付期間は7月末まで。

 「緊急小口資金」は貸し付け上限10万円以内(世帯に個人事業主がいる場合などは20万円)で、据え置き期間は1年以内、償還期限2年以内。「総合支援資金」の貸し付け上限は単身が月15万円以内、2人以上が月20万円以内。貸付期間は原則3カ月以内で据え置き期間は1年以内。償還期限は10年以内となっている。

 借入申請書を県内20市町の社協経由で県社協に提出。緊急小口資金は申し込みから6営業日以内に口座振り込みで交付。総合支援資金は県社協が借用書を受理後、随時口座に振り込む。

 問い合わせは各市町の社協、または県社協福祉資金課=電話089(921)8384。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    インターネット 総合情報サイト

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。