ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
61日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with FC今治

おかず 岡山和輝

2020年3月27日(金)(愛媛新聞)

J3で全試合出場を目指す岡山=25日、今治市高橋ふれあいの丘

J3で全試合出場を目指す岡山=25日、今治市高橋ふれあいの丘

 今季、ピッチに響く選手のコーチングの中に「おかず、おかず」と不思議なフレーズがよく聞こえてくる。在籍5年目のMF岡山和輝(26)を指す言葉だ。

 「おかず」は「おかやま・かずき」をもじったニックネームで、小学生の頃につけられたという。リュイス新監督から「呼び方は『かずき』と『おかず』のどちらがいいか」と聞かれ、慣れ親しんだ「おかず」を選んだ。

 昨季は7試合の出場にとどまったが、豊富な運動量と球際の強さを生かし、今季は全試合出場を目指す。同じボランチには主将の楠美や元日本代表の橋本、今治市出身の越智といったライバルがひしめくが「自分は3人とは別のタイプ。自身の強みを伸ばしていきたい」と決意を語る。

 四国リーグ時代を知る古株。「あっという間の5年間で、サッカー以外の部分も鍛えられた」と振り返る。小さい頃からの夢だったプロサッカー選手として「やっとスタートライン。本番はここから」と気を引き締めている。

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。