ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
62日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型コロナ

県が職員への対策強化 企業や団体にも周知

2020年4月5日(日)(愛媛新聞)

 内子高校教諭の新型コロナウイルス感染を受け、愛媛県は4日、県職員を対象に感染拡大防止対策を強化し、県内の企業や団体にも取り組みの参考として周知を始めたと発表した。

 県によると、首都圏や関西など感染拡大地域への出張は「真にやむを得ない緊急の用務」を除き当面、見合わせる。私的な旅行も慎み、必要な場合は上司への報告を義務付けた。感染拡大地域に行く場合、不特定多数が訪れる場所は可能な限り避け、繁華街への外出などは絶対に行わないよう強調している。

 職員が感染拡大地域へ旅行した場合、所属長は移動手段や行動経路、特に密閉・密集・密接が疑われる場所への訪問の有無などを詳細に聞き取り、リスクが高いと判断すれば自宅待機やテレワークを指示。自宅待機の必要がないと判断した場合も、帰県後2週間は不特定多数との接触を控えるなど予防策を徹底するとした。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    キーワードで関連記事を検索できます

    サクッと光

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。