ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
530日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

感染防止で時間を短縮

新型コロナ 済美平成中教校、臨時休校明け入学式

2020年4月8日(水)(愛媛新聞)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月上旬から臨時休校していた松山市空港通5丁目の済美平成中等教育学校で7日、県内の公立学校より一足先に入学式があり、マスク姿の新入生130人が期待と不安を胸に学びやに足を踏み入れた。

 式は出席者を減らし、間隔を空けて座るなど感染防止に努め、約20分間に短縮した。森邦彦校長は、新型コロナで世界中が困難な状況にあるとし「こんな時だからこそ、他人に対する配慮がある賢い人に育ってほしい」とあいさつ。新入生2人が誓いの言葉で応えた。

 同校は松山市の公立小中学校が始業を2週間程度遅らせることを受け、中学校にあたる前期課程で同様の措置をとる。

 新入生(12)は入学直後の休校に「学校生活を楽しみにしていたので拍子抜けした」。別の新入生(12)は「教科書をもらったので自宅で勉強を始めたい」と気持ちを切り替えていた。

 ほとんどの公立小学校と県立高校は8日、公立中学校は9日に入学式を予定している。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    サクッと光

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。