ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
78日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型コロナミニ知識

㉗ トイレ周りを安全に

2020年3月13日(金)(共同通信)

 

 新型コロナウイルス感染症の患者の中には、肺炎だけでなく下痢や嘔吐(おうと)などの症状がある人がいる。患者の便からウイルス遺伝子が検出されたとの研究報告もある。便に含まれるウイルスに感染力があるのかどうか、はっきりしていないが、念のため排せつ物からの感染にも注意し、トイレ周りを安全に保ちたい。

 日本環境感染学会は、感染が疑われる人が家庭にいる場合の注意を公表、トイレの消毒法にも触れている。トイレや洗面所は家族が共有する場所なので、家庭用洗剤でこまめに清掃し、水ですすぐ。その後に消毒もする。

 消毒剤は、次亜塩素酸ナトリウムが推奨されている。家庭用の代表的な塩素系漂白剤に約5%の濃度で含まれているので、これを0・1%に薄めて使う。目安は、500ミリリットル入りペットボトルのキャップ2杯の漂白剤をボトル1本の水で薄める。便座のほか、ふたの裏側、レバー類も忘れずに拭く。金属部分は仕上げに水拭きする。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    キーワードで関連記事を検索できます

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。