ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1027日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型コロナ

GW中 市外に出ないで 今治市長、帰省自粛も求める

2020年4月24日(金)(愛媛新聞)

 今治市の菅良二市長は23日、会見で市民に対し新型コロナウイルス感染拡大防止のためゴールデンウイーク(GW)明けまで「松山や広島などに出ず、今は踏ん張ってほしい」と訴え、市内にとどまり市外の家族らとも会わないよう求めた。

 菅市長は市内で感染者が確認されていないことを強調。GW明けまで市外からの冠婚葬祭の参加や帰省の自粛を求めた。一方で、市民に対しては、人が密集しない手近な公園などは問題ないとし「市内の観光地に赴き、合併した町の魅力を再発見してほしい」と述べた。

 新型コロナの影響で業績悪化した市内中小企業への経営支援や雇用維持など緊急支援策も発表。2020年度の一般会計補正予算と特別会計補正予算計2億8220万円を専決処分した。

 一般会計補正予算では緊急雇用維持助成金として計9500万円を計上。国の雇用調整助成金への上乗せのほか、助成金申請に必要な事務負担金3万3千円の給付支援に2千万円。経済的理由で就学困難な児童生徒ら計1353人の給食費補助320万円など。

 特別会計補正予算として新型コロナ感染者への傷病手当金900万円を計上した。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。