ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
713日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

森田トレーナーの整えよう身体と心

<7>椅子を使ったスクワット 膝負担減へ太もも強化

2020年5月5日(火)(愛媛新聞)

 ウオーキングの途中、膝が痛くなることがありますが、それは太ももの筋力低下も要因の一つ。本来自分の体重を支える筋肉が使われず、膝の関節に余分な負担をかけてしまっています。階段の上り下りでも大事な筋肉で、日常活動が低下すると弱くなる部位なので、意識的にトレーニングしましょう。

 

 

 ①椅子の角(もしくは椅子の前半分)に座り、肩幅程度に足を開きます。両手は頭の後ろで組み、肘を後ろに引いて胸を広げ、背筋はまっすぐ伸ばしておきましょう。

 ②肩が膝の位置に来るように体を前傾させます。胸は正面を向いた状態が理想ですが、難しければ背筋をまっすぐに伸ばした状態を保ちます。

 ③目線は正面に、息を吐きながら3秒かけてゆっくりと立ち上がります。

 

 

 ④3秒かけて、ゆっくりと座ります。お尻が椅子についても前傾姿勢は保ったままです。

 ⑤③と④を10回繰り返しましょう。背中は丸めず、膝は常につま先の真上に位置させることを意識しましょう。

 お尻が椅子に触れると同時に立ち上がるなど動作スピードを変えると、より負荷がかかります。

 (動画ではより高度な運動を紹介しています)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。