ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
101日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型コロナミニ知識

(62)電子書籍で読書に挑戦

2020年5月8日(金)(共同通信)

 

 新型コロナウイルス危機で書店の休業が広がり、インターネット書店も本の品切れが続出。それなら電子書籍での読書に挑戦してみてはいかが。

 アマゾンのキンドルや楽天のコボなどのサービスが有名で、スマートフォンやタブレットを持っているならアプリを入れるだけなので手軽だ。別売りの専用端末は目が疲れにくいなどの利点も。

 アプリはアプリ販売市場の「プレイストア」や「アップストア」で検索すれば、すぐ見つかる。アプリを起動すれば電子書店の店頭だ。東野圭吾さんのミステリーから映画化で話題の司馬遼太郎さん「燃えよ剣」などの定番書、ビジネス書やコロナ禍で注目されたカミュ「ペスト」もそろう。

 紙の本に慣れた人ほど最初は読みづらいかもしれないが、30分でも続けて読むと感覚がつかめるはずだ。文字の大きさを調整できる機能もシニアにはありがたい。本の置き場所に困らないので漫画の「大人買い」にも向いている。ネット通販と同様にクレジットカード決済が一般的で、紙の本より割安になっている。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    国税調査2020

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。