ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
74日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

町水産課と愛南漁協が企画

地元養殖魚を買って応援 愛南

2020年5月28日(木)(愛媛新聞)

養殖魚の切り身セットを立花組合長(右)から受け取る町職員

養殖魚の切り身セットを立花組合長(右)から受け取る町職員

 新型コロナウイルス感染症の影響で出荷量が落ち込む愛南町の養殖業者を支援しようと、愛南町職員と県南予地方局職員が魚の切り身216セットを購入した。愛南町役場で愛南漁協から受け取った。

 サツキマスとマダイの切り身の真空パックセットで、価格は2千円。町水産課と愛南漁協が企画した。22日の受け渡しで、漁協の立花弘樹組合長は「支えてくれようという気持ちが何よりもうれしい」と感謝の言葉を述べた。

 町職員らは「サツキマスはなかなか食べられないのでいい機会になった」「少しでも町内の経済に貢献できたらうれしい」と話していた。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。