ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
83日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

Jの海原へ FC今治いざ出航

<3>GK 修行智仁 豊富な経験、若手導く

2020年6月24日(水)

「J2でプレーするのが今の目標」と活躍を誓うFC今治・修行智仁=12日、夢スタ

「J2でプレーするのが今の目標」と活躍を誓うFC今治・修行智仁=12日、夢スタ

 正守護神の証しとされる背番号1を付ける修行智仁。移籍初年の昨季は日本フットボールリーグ(JFL)30試合中27試合に出場し、安定感あるセービングと正確なコーチングでチームをリーグ最少失点に導いた。

 20日に開かれた開幕前最後の練習試合。ピッチ脇から「もっと位置を確認しろ」とGKコーチを兼任する修行の声が響いた。無観客だけに声はよく届き、指示を受けた若手GKは修行に向けて親指を立て、伝わったと合図を送る。

 前所属のJ2大分がJ1に上がると同時に契約満了となった修行。「現役にこだわっていなかったが、今は違う。もっと続けたい気持ちが強い。やりがいのあるクラブで、やりがいのある仕事を任せてもらっている」

 昨年、地元の大阪で行われたJFL開幕戦。その3日前、具合を悪くしていた父親が他界した。「俺が死んでも、通夜も葬式も来んでええ。サッカーをちゃんとやれ」。修行は言い付け通りにチームから離れず、監督らの心配を押し切って試合に出場して零封に貢献した。「プレーに集中できたことは自分でも意外。サッカー選手としてまた一つ、自信が生まれた」。プロ14年目。まだまだ成長過程の選手でもある。

 所属チームの昇格4回、降格2回を経験。Jリーグの酸いも甘いも知る男は「本当の勝負はここからだ」と強調する。「チームがなかなか勝てなかったり、文句を言いたくなったりするような時期も来ると思う。そうした状況すらも市民やファンが楽しんでもらえるような、温かい『チーム今治』であってほしい」

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。