ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
815日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県議会一般質問・古川拓哉氏(愛媛維新)

応援職員派遣を助成 高齢者施設での感染備え 知事

2020年6月25日(木)(愛媛新聞)

古川拓哉氏(愛媛維新)

古川拓哉氏(愛媛維新)

 6月定例県議会は24日、一般質問に入り、岡田志朗(自民)大政博文(志士)古川拓哉(愛媛維新)の3氏が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた医療態勢や経済対策などをただした。25日の一般質問には笹岡博之(公明)武井多佳子(市民の窓)大西誠(自民)の3氏が登壇する。

 

 ―高齢者福祉施設での新型コロナ感染者の発生に備えた取り組みは。

 【中村時広知事】マスクなどの衛生資材を一括購入し配布しているほか、感染者が発生した施設へ他施設から職員を応援する際に必要となる旅費や宿泊費、危険手当を助成する制度を創設した。あらかじめ応援職員を派遣できる法人などを募ってリスト化し、感染者が出た場合に行政が派遣を調整する「えひめ福祉支援ネットワーク(仮称)」の構築を進めている。感染症の専門知識などを施設職員が習得する研修も実施する。

 

 ―新型コロナの検査を迅速に実施し、適切に医療を提供する態勢の整備は。

 【高橋敏彦保健福祉部長】症状や感染者との接触歴など国の基準にとどまらず、医師が必要とした事例はもれなく検査し、感染者が確認された場合は関係者を幅広く検査してきた。

 県立衛生環境研究所には現在4台の装置を配備し、1日当たり192件の検査が可能。感染第2波に備え、研究所や地域の拠点医療機関への全自動PCR検査装置導入を検討している。抗原検査を一部医療機関でモデル的に導入し、県全体での運用方法を検討する。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。