ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
815日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県議会一般質問・大西誠氏(自民)

31競技が代替実施へ 県高校総体中止で 教育長

2020年6月26日(金)(愛媛新聞)

大西誠氏(自民)

大西誠氏(自民)

 6月定例県議会は25日、一般質問を続け、笹岡博之(公明)武井多佳子(市民の窓)大西誠(自民)の3氏が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた医療態勢や経済対策などを取り上げた。26日は宇髙英治(自民)中田晃太郎(志士)塩出崇(愛媛維新)の3氏。

 

 ―新型コロナの影響を受けたスポーツ大会や文化部発表会の代替大会への支援と開催予定は。

 【田所竜二教育長】高校野球は8月にトーナメント方式で開催され、高校総体は32競技のうち、今週末に開催されるテニスやハンドボールを皮切りに、陸上や水泳など31競技で代替大会が実施される方向。県高校総合文化祭は今後の感染状況などに大きな変動がない前提で、予定通り11月に開催する準備が進められている。運営や感染対策にかかる経費を助成し開催を下支えしていきたい。

 

 ―高速道路の4車線化の現状と今後の取り組みは。

 【葛原健二土木部長】昨年9月に、有料区間のうち、瀬戸内しまなみ海道の一部を除く、全ての暫定2車線区間がおおむね10~15年で4車線化を目指す優先整備区間に選定された。

 整備が先行する松山自動車道松山インターチェンジ(IC)―大洲IC間では暫定2車線の約40キロのうち約20キロが事業化。中山スマートIC近くの明神山トンネルの掘削工事は約5割が進み、内子五十崎IC周辺では本年度、新たに橋りょうの設計に着手するなど順調に進んでいる。引き続き国に4車線化の必要性や重要性を強く訴える。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。