ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
74日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

「多くの人を癒やしてくれた」

道後商店街の看板猫 急死に店主ら喪失感

2020年6月30日(火)(愛媛新聞)

道後商店街の人気者だった猫。「チビ」「たま」などと呼ばれかわいがられていた(浜原陽子さん提供)

道後商店街の人気者だった猫。「チビ」「たま」などと呼ばれかわいがられていた(浜原陽子さん提供)

 道後商店街(松山市道後湯之町)の人気者で「チビ」「たま」などと呼ばれていた雄の地域猫が急死していたことが29日までに分かった。診察した獣医師によると、症状から毒性のある物を口にしたのが原因とみられる。6年ほど前から愛くるしい姿を見せ、和食店の前などで観光客や地元の子どもらに親しまれていた。世話していた商店主や住民らは悲しみ、会いにきた観光客も肩を落としている。

 主に世話をしていた和食店経営・白鳥隆さん(68)によると、異変があったのは24日。路地でうずくまっているのを見つけ、名前を呼ぶと起き上がったが、ぐったりしていたため動物病院へ連れて行った。27日に容体が悪化し、命を落とした。

 白鳥さんによると、この猫は、ふらりと店の前に現れ、餌をやると離れなくなった。店を手伝う長女の浜原陽子さん(49)が自宅で飼っていて、少し前に姿を消した「チビ」にそっくりだったため、同じ名で呼んだ。

 「人なつっこくて頭がよかった」と白鳥さん。近くの店にもよく出入りして餌をもらっていた。日中は和食店前に置かれたかごの中でくつろいでいることが多く、観光客や地元の子どもらがなでたり、写真を撮ったりしても嫌がらなかった。「たま」「にゃん吉」など、いろいろな名で呼ばれていた。

 チビは、地域猫の先輩で2018年12月に天寿を全うした雄の「ゴン」とともに商店街の看板猫として知られ、会員制交流サイト(SNS)やブログなどで広く紹介されていた。ラーメン店経営・東育史さん(57)は「(急死に)みんながショックを受けている。喪失感が大きい」。

 28日、市内のペット霊園で家族や従業員とチビの葬儀を営んだ白鳥さん。「多くの人を癒やしてくれた。本当に感謝しかない」と悲しみをこらえながら在りし日をしのんだ。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。