愛媛新聞ONLINE

2021
125日()

新聞購読
新規登録
メニュー

津島高

高校生記者 スポーツクライミング部 部員が大量入部 活動に活気

2020年7月2日(木)(愛媛新聞ONLINE)

 

 

 

 津島高校に今春、スポーツクライミング部が誕生しました。これまで3年生1人が同好会で活動していましたが、1、2年生が12人も入部。部に昇格し、3年生が後輩をリードして技術を磨いており、活気に満ちています。同校の高校生記者が7月2日、部誕生の経緯や日常の取り組みの様子などを探りました。

 取材は広報部の1、2年生男子4人が担当しました。昨年12月、同好会時代の活動を取材しましたが、事情によって掲載を見送ったことから再チャレンジとなりました。

 クライミング部は昨年7月、同好会として発足しました。校外の関係者が、宇和島市スポーツ交流センターのクライミングホールの活用を提案。学校側も生徒数が少ない中で個人で活動でき、津島高の特色も発揮できると判断したそうです。11月には体育館にトレーニング用のクライミングウォールが整備され、練習環境も充実しました。県内で部活として活動するのは2校目です。

 普段の練習は水、日曜日を除く週5日です。このうち、3日間は市交流センターに出向いて市内の競技関係者から指導を受けています。入部の動機をインタビューされた1年生の男女は「家族に勧められてしたボルダリングが楽しかったから」「石の上を登るのが面白そうだった」などと答えていました。

 唯一の男子3年生は11月の大会まで活動を続けます。この大会が高校生活で最初で最後のゲームとなります。高校生記者の取材に「みんなで切磋琢磨して取り組め楽しい。11月の大会では最後まで登り切りたい。下級生は頑張っており今後、結果を残してほしい」などと話していました。

 カメラ担当は愛媛新聞社の講師のアドバイスを受け、指示に従いながらローアングルからシャッターを押し続けました。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。