ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
813日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

前半先制 最後に突き放す

愛媛FC快勝 敵地で3得点、山口を完封

2020年7月6日(月)(愛媛新聞)

【山口―愛媛FC】前半、自陣ゴール前で連係した守備をする愛媛FCの渡辺(中央)と山崎(左)=維新みらいふスタジアム

【山口―愛媛FC】前半、自陣ゴール前で連係した守備をする愛媛FCの渡辺(中央)と山崎(左)=維新みらいふスタジアム

 

【山口―愛媛FC】前半、自陣ゴール前で連係した守備をする愛媛FCの渡辺(中央)と山崎(左)=維新みらいふスタジアム

【山口―愛媛FC】前半、自陣ゴール前で連係した守備をする愛媛FCの渡辺(中央)と山崎(左)=維新みらいふスタジアム

 

 明治安田J2リーグは5日、第3節の3試合を行った。愛媛FCは山口市の維新みらいふスタジアムで山口と対戦し、3―0で下し2連勝を飾った。通算成績は2勝1敗(勝ち点6)。

 愛媛FCは前半終了直前に西岡志がCKからゴール。後半終盤に長沼と有田が追加点を挙げた。山口は今季初黒星。

 磐田―岡山、栃木―東京Vはいずれも1―1で引き分けた。

 愛媛FCは次節、11日午後7時から、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアムで長崎と対戦する。

 

 【評】愛媛FCは3得点を挙げて快勝した。

 攻勢だった前半終了間際に、森谷のCKを西岡志が押し込み先制。後半は守勢に回ったが、全員が連係して粘り強く守り切り、ゴールを割らせなかった。

 43分に田中のパスを受けた長沼がJ初ゴールを決めて突き放すと、直後に有田が加点して勝負をつけた。

 

◆後半はカウンター◆

 【愛媛FC・川井監督の話】勝利をうれしく思う。前半から守備がよかった。その流れから後半システムを変えて安定を図り、カウンターを狙った。選手は前半と後半のシステムの使い分けにしっかり対応してくれた。

◆いろんな策裏目に◆

 【山口・霜田監督の話】結果については監督の責任。いろんな策が裏目に出た。選手は普段の練習をピッチで表現してくれたが、結果が出なくて残念。チャンスはつくっていたが、最後のクオリティーが足りなかった。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。