ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
810日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

地盤緩み土砂災害注意を

愛媛県内8日まで大雨の恐れ

2020年7月7日(火)

 梅雨前線が西日本に停滞している影響で、6日の県内は南予を中心に雨が降り続き、南予では小中学校や県立学校が臨時休校するなどの影響があった。松山地方気象台によると、雨の降り方によっては8日にかけて、警報級の大雨となる恐れがある。

 松山地方気象台は午後8時5分、中予に大雨洪水警報、東予と南予に大雨警報を出した。3日からの大雨で南予を中心に地盤が緩んでおり、土砂災害の危険度が高まっている場所がある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要。

 県災害警戒本部によると、6日は宇和島市が吉田地域などに避難勧告、三間地域などに避難準備・高齢者等避難開始を出した。西予市も全域に避難準備・高齢者等避難開始を出し、6日午後6時現在で宇和島市12人、西予市5人が避難した。南予では4自治体の小中学校と県立学校計76校が臨時休校となったほか、土砂崩れの影響で西予、宇和島両市の県道2カ所が通行止めとなった。松山市は大雨の可能性があるとして午後9時までに、市内35カ所に自主避難所を開設した。

 気象台によると、5日午後5時の降り始めから6日午後8時までの降水量は西予市宇和で185ミリ。愛南町御荘で102ミリ。内子町獅子越峠で101・5ミリ。7日午後6時までに予想される24時間降水量は、多い所で東南予100ミリ、中予80ミリ。8日午後6時までの48時間降水量は中予100~150ミリ、東南予100~200ミリ。

 本州四国連絡高速道路は6日、瀬戸内しまなみ海道と瀬戸中央自動車道を7日午後、大雨により通行止めにする可能性があると発表した。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。