ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
87日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

「必要な人がいるから協力」

69歳で227回目 新居浜の男性が最後の献血

2020年7月9日(木)

69歳最後の日に献血する塩崎さん

69歳最後の日に献血する塩崎さん

人生最後の献血を終えて笑顔の塩崎さん

人生最後の献血を終えて笑顔の塩崎さん

69歳最後の日に献血する塩崎さん

69歳最後の日に献血する塩崎さん

人生最後の献血を終えて笑顔の塩崎さん

人生最後の献血を終えて笑顔の塩崎さん

 新居浜市新田町1丁目の団体職員塩崎育志さんが70歳の誕生日前日の6日、松山市大街道2丁目の大街道献血ルームで通算227回目の採血を終えた。献血に協力ができる69歳最後の日。「やりきったという気持ち。献血を通じて、健康を維持できた体に感謝したい」と話す。

 これまで献血バスやショッピングモールなどさまざまな場所で採血し、人生最後の献血は成分献血ができる献血ルームへ。直前の問診で医師から「こんな回数の方はなかなかいませんよ」との言葉をかけられ、塩崎さんは「趣味ですから」と笑顔で応じた。

 大学生だった18歳のときに「好奇心と社会貢献」と思い初挑戦。以降も献血後の結果通知を確認しながら健康に注意して生活し、60歳の誕生日には節目の200回を達成した。「献血は生活の一部のようなもの。必要な人がいるから協力する、それだけ」とさらり。

 献血は、400ミリリットルで男性17歳、女性18歳、成分献血で男女とも18歳から始められ、60~64歳で献血経験があれば69歳まで可能となる。

 約1時間で採血ベッドを後にした塩崎さんは「すっかり寝ていた」といつも通りの様子。次回の献血可能日の表示がない献血カードを手に「次の趣味を見つけないといけないな」とすがすがしい表情をみせた。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。