ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
923日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県高校夏季野球大会・県大会

第5日 準々決勝【宇和島東 7-6 西条】宇和島東 土壇場逆転 先制西条 勝ち越しふい

2020年8月7日(金)(愛媛新聞)

【西条―宇和島東】9回表宇和島東無死満塁、小野の2点適時打で逆転し、喜ぶ三走船田(左)と二走川島(中央)=坊っちゃんスタジアム

【西条―宇和島東】9回表宇和島東無死満塁、小野の2点適時打で逆転し、喜ぶ三走船田(左)と二走川島(中央)=坊っちゃんスタジアム

 高校野球県夏季大会第5日は6日、坊っちゃんスタジアムなど2球場で準々決勝4試合を行い、ベスト4が出そろった。昨夏の愛媛大会王者の宇和島東は九回に試合をひっくり返して西条を破った。

 7日は試合なし。大会第6日は8日、坊っちゃんスタジアムで済美―宇和島東、帝京第五―松山聖陵の準決勝2試合を行う。

 

<坊っちゃんスタジアム 準々決勝(8時58分)>

 【評】最終回に連打で逆転した宇和島東がシーソーゲームを制した。0―1の四回、敵失や土居の2点二塁打で逆転。2点を追う九回は宇都宮、船田、川島の3連打や小野の適時打で3点を奪い、再び試合をひっくり返した。四回途中から登板した船田が最後を締め、1点を守り切った。

 西条は初回、尾崎の適時打で先制。六回に犠飛で勝ち越し、七回は高橋晟、青野航の連打で2点を加え流れを引き戻したが、終盤踏ん張りきれなかった。

 

◆自己評価は0点◆

 【西条・高橋晟投手】(好投も勝利ならず)「もう少し野球がやりたかった。3点取られてしまったので(自己評価は)0点。球の質は悪くなかったが、負けたら終わりという重圧で思うように投げられなかった」

 

◆要求出し切れず◆

 【西条・金子捕手】(4強入りならず悔し涙)「いい投手がいるのにしっかり要求を出し切れなかった。今年は野球ができることは当たり前じゃないと思い知った。後輩は周囲への感謝やありがたみを忘れず練習してほしい」

 

【悔しさ胸に反撃のろし】

 昨年から続く宇和島東の夏の快進撃。土壇場で試合をひっくり返したこの日、輝きを放つチームの中で悔しさを抱いてきた2人がスポットライトを浴びた。

 2点を追う9回、反撃ののろしを上げたのは川島だ。昨夏の甲子園はボールボーイを務め、グラウンドに立てなかった。集大成として臨んだ最後の大会で「絶対に負けるわけにはいかない」。

 3年間の練習の全てをぶつけたという打席は1点差に詰め寄る右翼線へのタイムリー。「内角の厳しいボールだったけど、うまく打てた」と笑みがはじけた。

 さらに無死満塁の場面で打席に立ったのは、3回戦まで無安打だった小野。「自分が打てなくて、ずっとしんどい試合をしてきた」。闘志を燃やす3番から響いた快音を合図に2者が生還。値千金の逆転打に「チームのために打てて最高」と白い歯がのぞいた。

 昨夏に上り詰めた頂点まであと2勝。「できるだけ、このチームで長くやりたい」と小野。求める輝きは、まだ先にある。

    ※夏季野球大会の写真販売はこちら

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。