ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
918日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

漬け丼など3品調理

県産タイ、三枚おろし 松山の市場で親子料理教室

2020年8月13日(木)(愛媛新聞)

料理人(左)からタイのさばき方を教わる親子

料理人(左)からタイのさばき方を教わる親子

 親子で魚料理に親しむ料理教室が8日、愛媛県松山市三津ふ頭の市公設水産地方卸売市場であった。市内の親子13人が家族ごとに県産品のタイ1匹を使い、漬け丼やすまし汁など3品の調理に挑戦した。

 市内で飲食店を営む丸山彰さん(64)が講師を務め、三枚おろしの手順を実演。刺し身の皮の取り方を「包丁はまな板に固定し、空いている方の手で皮を持って引っ張る要領でやるとうまくいく」と解説した。

 親子は骨やひれの位置を確認し合って真剣な表情で包丁を握った。1匹約700グラムの養殖ダイを協力して切り分け、刺し身をたれに漬けてご飯にのせる丼、あらを生かしたすまし汁、切り身を焼いて洋風ソースで仕上げた「ポワレ」を完成させ、タイのおいしさをまるごと味わった。

 初めてタイをさばいた雄郡小6年の女子児童(11)は「頭を切り離す時に硬くて驚いた。正しい部分に包丁の刃が入ったら、ちゃんと切れると分かった」と知識を深めていた。

 魚食への興味関心を引き出そうと、市水産市場運営協議会が主催した。

    国税調査2020

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。