愛媛新聞ONLINE

2021
124日()

新聞購読
新規登録
メニュー

松山地方気象台

南予中心に大雨 愛南で1時間110ミリ

2020年9月12日(土)(愛媛新聞)

激しい雨の中、急ぎ車に乗り込む町民ら=11日午後1時ごろ、愛南町城辺甲

激しい雨の中、急ぎ車に乗り込む町民ら=11日午後1時ごろ、愛南町城辺甲

 西日本に停滞した前線に南から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、県内は11日、南予を中心に大雨となった。気象庁は同日午前、愛南町と宇和島市に数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨が降ったとして注意や警戒を呼び掛ける「記録的短時間大雨情報」を出した。松山地方気象台によると、午前10時までの1時間に愛南町付近で約110ミリ、宇和島市付近で約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられる。

 県や気象台は11日、両市町に土砂災害警戒情報を、伊方、宇和島、松野、愛南の4市町に大雨警報(土砂災害)を出すなどした。宇和島市危機管理課によると、愛南町に接する津島地域の山間部で強い雨が降ったとみられ、同日午前10時半に畑地、清満、御槙の3地区の土砂災害警戒区域などに避難指示を出した。

 同市津島町槙川の御槙小学校によると、午前9~10時ごろ雷鳴が響き、激しい雨が降った。午後も降り続き、一時は裏山から校庭に水が流れ込んだという。午前9時半ごろから午後3時すぎまで停電が続き、エアコンやパソコンが使えなかった。児童は保護者に連絡をとって迎えに来てもらい午後3時には下校させた。

 県災害警戒本部によると、宇和島市と愛南町の小学校計9校が、一部の学年で終業時刻を早めた。JR四国は予土線土佐大正駅(高知県四万十町)の雨量計が時間雨量の規制値(35ミリ)に達したとして、近永-窪川間で午前11時半ごろから運転を見合わせている。四国電力送配電によると11日午後4時までに、宇和島、鬼北、愛南の3市町で計約5300戸の停電が発生した。

 気象台は11日午後3時20分、大雨に関する県気象情報を発表した。12日午後6時までに予想される24時間降水量は多い所で中予60ミリ、東予50ミリ、南予120ミリ。南予では降り続く大雨により地盤の緩んでいるところがあり、注意を呼び掛けている。

    真相追求 みんなの特報班

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。