ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1028日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J2第19節・12日

愛媛、川又に2点献上 千葉に0―2 2戦連続完封負け

2020年9月13日(日)(愛媛新聞)

【愛媛FC―千葉】後半、シュートをGKにセーブされ、頭を抱える愛媛FC・有田(左から2人目)=ニンスタ

【愛媛FC―千葉】後半、シュートをGKにセーブされ、頭を抱える愛媛FC・有田(左から2人目)=ニンスタ

【愛媛FC―千葉】前半3分に先制点を決めた千葉・川又(中央)=ニンスタ

【愛媛FC―千葉】前半3分に先制点を決めた千葉・川又(中央)=ニンスタ

 

 明治安田J2リーグは12日、第19節の2試合を行った。愛媛FCは県総合運動公園ニンジニアスタジアムで千葉と対戦し、0―2で敗れ、2連敗となった。通算成績は4勝4分け11敗(勝ち点16)で順位は20位のまま。

 愛媛FCは前半、川又(小松高出)に2ゴールを許し、最後まで得点を奪えなかった。

 徳島は金沢と1―1で引き分け、勝ち点37で暫定2位。

 愛媛FCは次節、20日午後7時半から、前橋市の正田醤油スタジアム群馬で群馬と対戦する。

 

 【評】愛媛FCはゴールを奪えず、2試合連続の完封負け。

 前半3分に川又に先制された後も、細かいパス回しで試合の主導権を握ったが、前半終了間際にPKを与え、川又に2点目を決められた。後半は有田、山瀬、藤本、今季初出場の吉田真ら攻撃的選手を複数投入したものの、相手守備に阻まれ無得点に終わった。

 

◆バランスが悪く◆

 【愛媛FC・川井監督の話】 足りない部分はあるが、攻撃に関しては前後半通じて空いているスペースを見つけ、うまくできていた。前半3分のミスでの失点が重かった。全体的にバランスの悪い試合になってしまった。

 

◆最後まで戦う姿勢◆

 【千葉・尹晶煥監督の話】 選手の気持ちが入った試合で、クリーンシートでの勝利はすごくうれしい。早い時間で先制し、いい流れをつくれた。最後まで戦う姿勢を見せてくれ、集中してできたのが結果につながった。

 

【故郷の歓迎に感激 川又】

 J2岡山に所属していた2012年以来、約8年ぶりにニンスタのピッチに立った千葉の川又。古巣相手に自慢の左足で2得点を奪い、高い決定力を見せつけた。

 前半3分、絶妙のポジショニングから先制点。ニンスタ初ゴールにも「特別な感情はなく、もう1点、もう1点という思いだった」と明かし、2点目のPKも冷静かつ豪快にゴールに蹴り込んだ。

 岡山時代にブレークし、J1の新潟などで活躍、日本代表にも選ばれた川又。愛媛FCでは小松高在学中の06年、特別指定選手としてリーグ戦2試合に出場している。スタメン発表時にはスタジアムから拍手が起こり「強化指定の時しかいなかったのに…。もう感謝しかない」と地元ファンの歓迎に感激していた。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。