ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1026日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県内企業をサポート

コンサルがコロナに苦しむ企業支援

2020年9月23日(水)(愛媛新聞)

新型コロナウイルスに苦しむ企業をサポートしているエンゲージメント松山支社の成澤優希支社長(右)=10日午後、松山市

新型コロナウイルスに苦しむ企業をサポートしているエンゲージメント松山支社の成澤優希支社長(右)=10日午後、松山市

 企業や相続のコンサルタント業務を手掛けるENGAGEMENT(エンゲージメント、高松市)の松山支社(愛媛県松山市)が、新型コロナウイルスの影響で苦しむ県内企業をサポートしている。専門資格を持つ社内のスタッフに加え、提携する法務や労務、税務などの士業と協力し、課題の解決策を提案する。

 同社は2018年6月の設立。全国に9支社があり、松山支社は6月に営業を始めた。企業向けのサービスは月額定額制で、福利厚生の充実や新規事業の立ち上げ、事業承継などに対応。従業員対象のセミナーや経営者向けの勉強会も開催する。遺言書作成や遺産分割、認知症対策などの相続サービスにも取り組む。

 介護サービス業界は従来の競争激化に加え、新型コロナによる介護控えで厳しい状況が続く。介護事業のユーミーケア(松山市)の森永常夫社長は「高齢者サービスだけでなく、総合サービス業という観点に立ち、他社との差別化を図る」と強調。エンゲージメントの相続サービスを活用し「入所者はもちろん、死亡後に残された家族へのサービスも充実させたい」と意欲をみせる。

 コロナ禍という企業にとって難しいかじ取りが迫られる中、松山支社の成澤優希支社長は「激動の時代をサポートするため、企業が直面するあらゆるリスクを排除し、経営者の頼れるパートナーになれれば」と話している。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。