ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1022日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

マダイとマーマレード 地元食材を活用

「いよかんたい飯」どうぞ 八幡浜高商業研究部、タレ付き冷凍具材開発

2020年9月29日(火)(愛媛新聞)

商業研究部が手掛けた「八幡浜いよかんたい飯の素」。いよかんマダイの切り身と甘夏マーマレードを使った特製タレが入っている

商業研究部が手掛けた「八幡浜いよかんたい飯の素」。いよかんマダイの切り身と甘夏マーマレードを使った特製タレが入っている

八幡浜みなっと内のフードコートで1日限定で実演販売した「八幡浜いよかんたい飯」を提供する八幡浜高商業研究部員(中央)

八幡浜みなっと内のフードコートで1日限定で実演販売した「八幡浜いよかんたい飯」を提供する八幡浜高商業研究部員(中央)

商業研究部が開発し、八幡浜みなっと内のフードコートで30食限定で販売された「八幡浜いよかんたい飯」

商業研究部が開発し、八幡浜みなっと内のフードコートで30食限定で販売された「八幡浜いよかんたい飯」

 八幡浜高校(八幡浜市松柏)の商業研究部「A★KIND(あきんど)」が八幡浜漁協と協力し、冷凍の「八幡浜いよかんたい飯の素(もと)」を開発した。ほのかにかんきつの香りがする地元産「いよかんマダイ」の切り身と、マーマレードを活用したタレの相性が絶妙。生徒らは「『八幡浜たい飯』を全国の人に知ってもらいたい」と意気込んでいる。

 

 同部は地産地消を目指し、地元企業と共同で商品開発などを手掛けている。未利用魚を使った給食メニュー提供などの実績があり、今回は餌にいよかんオイルを混ぜて育てた八幡浜漁協のブランド養殖マダイに着目した。

 生徒らは刺し身をのせたご飯にタレをかける宇和島たい飯をヒントに、オリジナルのタレ開発を模索した。いよかんマダイのかんきつの風味をより生かそうと、甘夏マーマレードを素材に使用。自宅で手軽に食べられるよう切り身とタレをセットにした冷凍商品に仕上げた。

 20日に道の駅「八幡浜みなっと」(同市沖新田)で50個限定販売。物産店内のフードコートで30食の実演販売も実施したところ、約30分で完売する盛況ぶりだった。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。