ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1129日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

ソフトボール日本女子リーグ1部

伊予銀、地元戦飾れず 松山大会第1日 戸田に完封負け

2020年10月18日(日)(愛媛新聞)

【伊予銀行―戸田中央総合病院】2回伊予銀行1死満塁の守り、捕手の安川(手前左)が飛球を捕り、三塁に転送して併殺を完成させる=マドンナスタジアム

【伊予銀行―戸田中央総合病院】2回伊予銀行1死満塁の守り、捕手の安川(手前左)が飛球を捕り、三塁に転送して併殺を完成させる=マドンナスタジアム

 ソフトボールの日本女子リーグ1部第9節は17日、マドンナスタジアムで松山大会第1日の2試合を行い、伊予銀行は0―3で戸田中央総合病院(埼玉)に敗れた。通算成績は4勝4敗で順位を6位に下げた。ビックカメラ高崎(群馬)は2―0でデンソー(愛知)を下した。

 伊予銀行は三回、先発の黒木が3四死球から招いた満塁機で二塁打を許し、2点を先制された。2番手の庄司(済美高出)は四回にソロ本塁打で追加点を奪われた。打線は二、三回に三塁まで走者を進めたが、ホームが遠かった。

 大会は新型コロナウイルス感染予防のため、無観客で行われており、最終日の18日は同スタジアムで2試合を実施。伊予銀行はデンソーと対戦する。試合は日本女子ソフトボールリーグ機構のホームページでライブ配信される。

 

【守備 随所に光るプレー】

 リーグ3連勝中の勢いを加速させたかった伊予銀行だが、初戦は「相手投手の緩急に的を絞れなかった」(秋元監督)と1安打の完封負け。それでも、守りで随所に光るプレーをみせ接戦を演じた。

 二回の1死満塁は捕手の安川が小フライを反応よくつかむと、すかさず三塁に送球し、併殺で危機を脱出。三回は2点を先制され、なお1死二、三塁のピンチで、先発の黒木からマウンドを譲り受けた庄司が後続を打ち取り流れを食い止めた。

 安川は「チームが目の前の一球に食らい付く執念を持ってできたことは良かった」。唯一許した安打が本塁打となったが、4回⅓を好投した庄司は「反省点はあるけれど、リズムよく投げることができた」と敗戦にも前を向く。

 星は五分に戻り、目標とする決勝トーナメント進出へ、松山大会最終日は正念場の一戦。安川は「ひたむきに21のアウトをとって、どんな形でも勝利を」と誓った。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。