ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1128日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

好機生かせず 競り負け

愛媛FC 泥沼5連敗 栃木に0―1

2020年10月26日(月)(愛媛新聞)

【愛媛FC―栃木】後半、ペナルティーエリア付近でボールをキープする愛媛FC・田中=ニンスタ

【愛媛FC―栃木】後半、ペナルティーエリア付近でボールをキープする愛媛FC・田中=ニンスタ

 

【愛媛FC―栃木】後半、ペナルティーエリア付近でボールをキープする愛媛FC・田中=ニンスタ

【愛媛FC―栃木】後半、ペナルティーエリア付近でボールをキープする愛媛FC・田中=ニンスタ

 

 明治安田J2リーグは25日、第29節の9試合を行った。愛媛FCは県総合運動公園ニンジニアスタジアムで栃木と対戦し、0―1で負け、5連敗となった。通算成績は5勝7分け17敗(勝ち点22)で順位は最下位のまま。

 愛媛FCは前後半ともに好機をつくるも、後半8分に先制され、追い付くことができなかった。

 福岡は千葉を1―0で下し、勝ち点59として首位を守った。2位の徳島は新潟と0―0で引き分けて同56。磐田は遠藤が直接FKで加入後初ゴールを決めるなど3―1で群馬に勝った。

 愛媛FCは次節、11月1日午後4時から、東京都の町田GIONスタジアムで町田と対戦する。

 

 【評】愛媛FCは好機を生かせず、競り負けた。

 前半、相手の前線からの激しいプレスに苦戦しつつも、粘り強い守備を続け、藤本や川村が速攻からゴールに迫ったが、得点には至らず。後半8分に先制を許した後、有田、横谷、吉田真らを投入して前線に厚みを持たせたが、反撃は及ばなかった。

 

◆球際の勝負は良い◆

 【愛媛FC・川井監督の話】 勝利を届けられず、申し訳ない。球際の部分でファイトする部分は良かった。チャンスもあったが、その数を増やさないといけない。困難な状況だが、打破できるよう次戦に向けて準備する。

 

◆粘り強く対応した◆

 【栃木・田坂監督の話】 愛媛がわれわれのシステムに合わせてくる中でも、粘り強く対応することができた。前線からのプレスがしっかりいけたのは、全員の共通理解があったから。自分たちらしい戦い方ができた。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。